【いそがしい”おとなのための”3分講座①】数字が増えたら指増やす

こんにちはchagaです!

ベース講師歴は10年ほどです。

過去には西日本のベース講師として、一番生徒の多い講師にもなりました。

現在も音楽教室やオンラインでレッスンをしています。

 

いきなりですけど、『おとな』って忙しいですやん?

 

仕事せなあかんし、

家庭をもってはる方もいるでしょうし、

めっちゃ恋してる方もいるだろうし。

 

 

そう、忙しいんですよ。

 

 

そんな”いそがしいおとなのため”に、

ちゃっと学べて、

ちゃっと実践できて、

ちゃっとレベルアップできる。

 

そんな、ベースの3分講座を始めました!

 

 

第1回目は、

フレットの押さえ方の話です。

 

こんな方にオススメ!

  • 指がバタバタしてなんかカッコ悪い
  • 音がキレイに繋がらない
  • 早く弾けない
  • 弾いていてめっちゃ疲れる

 

それでは見ていきましょう!

 

 

数字が増えたら指も増やす

 

これが出来たら、上記の問題はほぼ解決します。

 

まずはこの楽譜を見てください。

 

 

シンプルに見えるこの楽譜も、

どう弾くかでめちゃめちゃ差が出ます。

 

指の考え方(どの指で押さえるか)

 

最初のゼロは何も押さえないので置いといて、

2フレットから5フレットまで出てきます。

 

ってことは、

4つのフレットで出来てるフレーズですね!

 

これ大事なんで覚えといてください。

 

 

左手の指はネック裏にある親指を除くと、

人、中、薬、小の4本の指があります。

 

 

ちょうど出てくるフレットも4つ、

指も4本。

 

なので、上記の楽譜のように指を決めました。

 

 

こんな風に慣れるまでは、

弾く前にまず指を考えてみてください。

 

このあたりの効率の良い考え方は下記で詳しく紹介しています。

 

 

数字が増えたら指増やす

 

レギュラーのネタみたいなリズムで読んでもらえたら覚えやすいと思います。

知らんけど。笑

 

 

楽譜で確認すると、

 

 

こんな感じですね。

 

 

指のながれ解説

2フレットを人差し指で弾きます。

 

 

3フレットを中指で押さえるときに、

2フレットを押さえている人差し指を押さえたままにする。

(=2本の指で押さえる)

 

 

4フレットを中指で押さえるときに、

2、3フレットを押さえている人差し指と中指を押さえたままにする。

(=3本の指で押さえる)

 

 

5フレットを中指で押さえるときに、

2、3、4フレットを押さえている人差し指、中指、薬指を押さえたままにする。

(=4本全ての指で押さえる)

 

ってな感じで、

とにかく指を浮かさずに指を足していく。

 

 

こうすることで、

  • 前の指を浮かさないので、音が途切れなくなる。
  • 指を浮かすという無駄な動きがなくなるので、
    早く弾ける、疲れにくくなる、バタバタしなくなる
  • ミュートがしやすくなる(これはまた後日)

 

っていうメリットがあります。

 

 

これはロックだろうが、ジャズだろうが、速い曲だろうがバラードだろうが関係なく、

ベースを弾くときに常にしておきたいっすね!

 

 

最後に動画でももっかい確認してみてください。

動画の方がわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

最初は小指を使うことに抵抗があったり、

小指が動きにくかったりするので、

どうしても避けちゃいがち。

 

 

なので、ちょっとずつ練習の時に意識してみてください。

 

ほんまにちょっとずつでええので、

習慣化していけるように意識していきましょ!

 

ほんなら、この押さえ方が当たり前になってくるので。

 

 

というわけで、

今日の3分講座でした!

 

それでは!

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする