ガッツだぜ!!/ウルフルズ

 

今回は<>ウルフルズ『ガッツだぜ!!』の

かんたんアレンジ楽譜をご紹介します。

<>曲の演奏ポイント<>参考動画もありますので

是非最後までご覧くださいませ♪

 

初めて当ブログにお越しの方はこちらをご覧ください。

かんたんアレンジ楽譜って??

 

☆ガッツだぜ!!ってどんな曲??

<>ガッツだぜ!!/ウルフルズ

この曲は1995年にリリースされ

ウルフルズがブレイクするキッカケにもなった、

バンドを代表する曲です。

ボーカルのトータス松本が小室哲哉に

『ディスコっぽい曲やれば?』

と言われたのがキッカケで作曲したそうです。

ちなみに…

chaga

 

ライブでも盛り上がりそうな曲ですね。

 

その盛り上がりそうに聞こえるサウンド作りには

ベースのフレーズが一役買っています。

 

それをみていきましょう!

 

この曲の難しいところ&アレンジポイント

 

<>難しいところ

[aside type=”boader”]
  • 弦の移動が多い
  • オクターブのフレーズが多い(これについては下記で)
  • フレットの移動が多い
[/aside]

初心者さんが難しく感じられる点として上記が挙げられます。

 

とくにこの曲のベースラインの核となる

オクターブ奏法。

 

これについては下記曲で解説していますので

ご覧ください。

 

ボーイフレンド/aiko

今回はこのオクターブを無くして

演奏しやすい様にアレンジしました。

この楽譜で慣れてもらってから、

原曲のフレーズにチャレンジしてもらってもいいですねー!

 

<>具体的なアレンジポイント

 

[aside] ①弦の統一

原曲は1弦から4弦まで使っているところを、

3,4弦のみで演奏できるように

アレンジしました。

これにより弦の移動が減るので演奏しやすくなります

また低音弦(太い弦)が中心なので、

ベースをしっかり鳴らす事に慣れていない初心者さんでも

しっかりした低音でカッコよく演奏できるようにアレンジしました。

[/aside]

 

[aside]②フレットの統一

ほとんどのフレットを1〜5フレットにおさめる事により

左手での運指が格段に楽になっています。

特にこの曲は転調が多いので

出てくる音=フレットが増えがちです。

それを統一する事で楽に演奏することができます。

要は抑える場所が少ない、移動が少ない

ということですね。

[/aside] [aside]③リズムの統一化

場面場面によって、細かいリズムやたくさんの種類の音符が出てきます。

それを一般的によく使われる8分音符に中心にアレンジし、

なるべく一曲を通してリズムの変化がないようしています。

これにより初心者さんでもどっしり安定したビートをキープすることができます。

[/aside]

 

参考演奏動画

 

原曲のカッコ良さは残しつつ

つまづきやすい箇所をアレンジしましたので

バンドでの演奏、CD音源に合わせても

違和感のない楽譜になっています。

 

 

<>それでは参考演奏動画をどうぞ。

 

 

それでは参考演奏動画をご覧ください。


ガッツだぜ!!/ウルフルズ かんたんベースアレンジ楽譜

いかがでしたか?

 

  • 市販のバンドスコア通りに演奏する自信がまだない方
  • やってみたけど挫折してしまった方
  • シンプルで見やすい楽譜をお探しの方
  • アンサンブルを重視する為(周りの音を聞く等)まずは余裕を持って演奏したい方
  • とにかく急ぎで通して弾けるようにならないといけない方

そんな方にもオススメ出来る楽譜になっています。

 

 

☆楽譜のご購入楽譜サンプルの閲覧はこちらから。

 

下記よりご購入、楽譜サンプルをご覧頂けます。

 

購入ページへ

 

 


是非この楽譜でトライしてみてください。

皆さんのベース演奏のお手伝いが出来たら幸いです。

それではまた。

BassConnect


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です